靴クリーニング T&Kの日記

全て手作業にこだわり靴をクリーニングしております。靴クリーニングを文化にしたいっ!コメントいただけたら喜びます。

㉑靴とコロナ

Content image

 

 

全世界で猛威を振るう新型コロナウイルス

日本もまだたくさんの感染者がいますが海外にもかなりの数の感染者がいます。

2月15日現在、アメリカはおよそ2700万人で最も多く、そのほかにインドが1000万人、イギリスが400万人、ブラジルが900万人などが現状です。

 

もちろんその国ごとにコロナ対策のやり方は異なるので純粋に比較はできませんが、そこで気になったのが【靴の文化】です。

日本では室内に入るときに靴を脱ぎます、海外では靴履きっぱなしで家の中 

で過ごします。

コロナの感染経路は主に飛沫感染接触感染です。飛沫感染は咳やくしゃみなどにウイルスが飛び、別の人の口や鼻に入ってしまうことです。

接触感染は感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後にその手で周りの物に触れてウイルスがつき、他の人が同じ物を触った後、手で口や鼻を触ることによって粘膜から感染する経路です。

物の表面についた新型コロナウイルスが感染力をなくすまでの時間は、紙類で3時間、木材と布で2日、ガラスで4日、ステンレスとプラスチックで7日だったという報告があります。

この記事では靴を脱ぐ文化とコロナの関係は明確には記されていませんでしたが、靴を脱ぐ文化のない国はそれだけウイルスを室内に持ち込んだり、より早く遠くまで広める可能性が高いと思います。

そういったニュースもあり、海外でも家に帰ったら靴を脱ぐという人が増えているようです。

 

マスクの次は? 欧州で広がる生活習慣の「アジア化」(写真=ロイター)
欧州では厳しい冬が続いている。英政府は20日から、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、ロンドンなど英南東部に厳しい規制を導入した。同日から2週間はスーパーなどを除く店舗の営業を禁止し、人々の外出を制限する。クリスマス期間に予定していた一時的な規制緩和措置も取り下げた。これらの地域では、新型コロナの変異種が広がっている。英国のジョンソン首相は記者会見で、「古い型よりも最大70%感染力が高いとみ
www.nikkei.com

欧米でよくみられる握手はハグも今は見なくなりました。スポーツでもハイタッチが肘やグータッチになったりしています。

コロナをきっかけに海外でも新しい生活様式が生まれそうですね。

 

 

クリーニングではもちろん靴の裏まで洗浄しています。安心してお預けください。

クリーニングのご用命はお気軽にこちらからどうぞ!

 

靴・鞄クリーニングは専門店にお任せ下さい!

【web】

靴,スニーカー,ブーツのクリーニングならお任せ!シューズクリーニング専門店 T&K「ティーアンドケイ」