shoesTandKの日記

全て手作業にこだわり靴をクリーニングしております。靴クリーニングを文化にしたいっ!コメントいただけたら喜びます。

【123】梅雨に備えて

これから梅雨の時期が来ますね。

そうなると靴クリーニングで怖いのが「カビ」です。

 

カビ自体は落とすのは簡単ですが、根を張っているとまたすぐ生えてきてしまうので、しっかり除菌することが重要になります。

それにカビの靴ばかりだと胞子が舞うので、衛生的にも良くありません。なので手袋を着用して検品やクリーニングを行っています。

 

基本的な保管方法はこちらをご覧ください。

 

shoestandk.hatenablog.com

Twitterでもたびたびつぶやいていますが、靴をしまいっぱなしにするのは避けて下さい。

下駄箱に入れているものは晴れた日に扉を開けて下駄箱内を換気したり、できるならば扇風機の風を当てて湿度がこもらないようにしてあげて下さい。

 

雨で靴が濡れてしまったときはしっかり乾かしてから下駄箱にしまいましょう。

いかに下駄箱内の湿度を下げられるかが重要です。

 

少しでもいいので履いた靴をしまう時にブラッシングしてあげましょう。

f:id:shoesTandK:20210604153149j:plain

これはイメージです。スニーカーでもパンプスでもサンダルでもブラッシングで汚れを落とすことでカビを防げる可能性が高くなります。

 

できる人は下駄箱ではなく、棚の上など目につきやすいところに靴を並べておくのもおススメです。

人が動くと空気も動きます、外に出ていることでそもそも湿気が溜まることがありません。

さらに目につきやすいのでもし汚れてしまったりしたときにも素早く対応することができます。

f:id:shoesTandK:20210604153742j:plain



カビは1度そこに発生してしまうと全てを除菌しないとまたカビが生えてしまいます。

本来カビは目に見えないほど小さいので目に見えるということはそれだけカビが密集していることになります。

なのでカビが生えてしまったところはすでにカビの温床になっていると思ってください。

どんなに靴をキレイにしてもすぐカビが生えてきます。

 

それくらい厄介なんです。

 

Twitterでもちょくちょくアナウンスするのでフォローをお願いします。

twitter.com

 

クリーニングのご用命はこちらからどうぞ!

 

靴・バッグクリーニングは専門店にお任せください!

【web】

shoescleaning-tandk.co.jp

f:id:shoesTandK:20210330095001p:plain