shoesTandKの日記

全て手作業にこだわり靴をクリーニングしております。靴クリーニングを文化にしたいっ!コメントいただけたら喜びます。

【133】バランス

靴のかかとの減り方を見て自分の体のバランスがわかります。

shoestandk.hatenablog.com

 

ここにもあるように靴のやや外側が減っていく減り方が正しい歩きかたをしているということになります。

f:id:shoesTandK:20210616102154j:plain

正しい減り方をしていても減りすぎてしまったらそこから体のバランスは崩れていきます。

この状態で履き続けると足を地面につくときにどんどん小指側から地面に着くことになります。そのため、O脚になってしまうことがありますので、カカトの補修修理か、新しい靴への履き替えをすることが望ましいです。

 

f:id:shoesTandK:20210616102605j:plain

 

問題なのがやや外側が減っていく以外の減り方をしている場合全てです。

 

内側が減っていたり、靴の真ん中から減っていたり、左右で減り方が違ったりすることがあります。

それらに該当する場合はまず、靴を新品に履き替えましょう。

そしてなにに履き替えるかというと、ヒールカウンターのある靴です。

f:id:shoesTandK:20210616110159j:plain

 

ソールの上にあるNBと書いてあるプラスチックパーツがヒールカウンターです。

f:id:shoesTandK:20210616110355j:plain

こちらだとuktraboostと書かれた部分です。

 

革靴やパンプスにもヒールカウンターのある靴はあります。わかりやすく言うと「カカトを触ってみて硬かったら」それはカカトをしっかり支えられる靴だと言えます。

逆に、脱ぎ履きのしやすさを重視した靴だとヒールカウンターを無くしているものもあるので確認しましょう。

 

またカカトをしっかり立たせることができるインソールもあります。

自分の好きな靴のインソールをそういったものに入れ替えるのも非常に有効です。

sidas.co.jp

 

これがあるだけでもしっかりカカトが立ち、まっすぐ足を地面に着くことができると思います。靴を履くときはカカトにしっかり合わせるように履いてください。

 

正しい歩き方をしないと、足はすぐにトラブルが起きます。

靴擦れやウオノメ、タコができてしまったら、足や歩きかたを見直す必要があります。

そのまま我慢して放置すると歩けない状態になってしまいます。足には歩いたり走ったりするときに自分の体重の何倍もの負荷が何千何万回とかかります。

 

しっかり自分の足を支えられるような靴を選び、正しく歩けるようになれば、ウオノメやタコもすぐに治ります。

それほど足は繊細です。

 

人は歩けなくなり、足を使わなくなるところから老化が始まります。

逆に言うといつまでも自分の足で歩ける人はいつまでも元気に若々しくいられます。

 

なので今すぐ見直すことができるので、自分の靴の減り方を見てみるところから始めましょう。

 

 

クリーニングのご用命はこちらからどうぞ!

 

靴・バッグクリーニングは専門店にお任せください!

【web】

shoescleaning-tandk.co.jp

f:id:shoesTandK:20210330095001p:plain