shoesTandKの日記

全て手作業にこだわり靴をクリーニングしております。靴クリーニングを文化にしたいっ!コメントいただけたら喜びます。

【177】雨に降られてしまったら!

ここ何日か雨の日が続いて、ゲリラ豪雨も多くなってきましたね。

 

急に土砂降りに遭って靴や服がびしょ濡れになってしまうこともあると思います。

 

靴が濡れてしまったら、最低でも付いた水滴は拭き取りましょう。

そのままにしておくと点々のシミになってしまいます。

f:id:shoesTandK:20210818150433j:plain

特に起毛の靴がなりやすいです。

 

f:id:shoesTandK:20210818150942j:plain

革のビジネスシューズとかだとこのようなシミになってしまうことが多いです。

 

シミになるだけでなく、革靴は水を吸うので、しっかり乾かさないとカビが発生します。

その点合皮は水を弾くので雨には強いです。

レザーソールだと特に、濡れてしまったときには地面に置いたままにしておくとソールからカビてくるので、

ソールを浮かせて陰干しするか、

f:id:shoesTandK:20210818171306j:plain

タオルの上に置いて乾燥させましょう。

f:id:shoesTandK:20210818171407j:plain

ちなみに弊社では、穴の開いた棚の下にタオルを挟んで扇風機で空気を循環させて乾燥させています。

 

シミになってしまうと、薄い色味だとそこだけ濃く目立ってしまいます。

目立たなくするにはほかの部分をわざとシミにさせてぼやかすという方法しかありません。

 

それか調色をして、近い色味を自分で作って補色する方法がありますが、

とても難しいです。

 

ですが、私たちは補色ができることを強みとして持っていますので、

水シミでお悩みの方はぜひご利用ください。

ただ、補色をする際にも何点か注意点がありますので、

実際にやり取りをして仕上げ方法を決めていきます。

 

できるだけお客さんの理想に近づけるような仕上げがしたいので

このご時世ですが、対面でのやり取りにこだわっていきたいです。

 

実際にクリーニングに出すかは別として、

クリーニングに関することなどお気軽にお問い合わせいただけたら嬉しいです。

 

そのために柏、越谷に靴バッグの受け付けができるようにしましたので、

アロマもたくさん置いてありますのでぜひ足を運んでみて下さい。

 

クリーニングのご用命はこちらからもどうぞ!

 

靴・バッグクリーニングは専門店にお任せください!

【web】

shoescleaning-tandk.co.jp

f:id:shoesTandK:20210330095001p:plain