靴クリーニング T&Kの日記

全て手作業にこだわり靴をクリーニングしております。靴クリーニングを文化にしたいっ!コメントいただけたら喜びます。

【216】靴はしまわないでください

こんにちは。

twitter.com

 

やっと気づきました。

日本は靴の保管に向かないということを。

ブーツなど、秋冬になると押し入れから出す人がいると思います。

もちろん季節関係なく履く人もいますが。

 

靴も服と同じように衣替えをする人は大体保管してた靴がカビていると思います。

なぜかというと、靴は履かないとカビるからです。

 

日本の気候は湿度が他の国と比べて高い方です。

特に真夏は世界でもトップクラスに気温と湿度が高く、アフリカからきた人も日本の夏の暑さにやられるほどです。

f:id:shoesTandK:20220213002838j:plain

湿度が高いということは、つまりカビが生えやすいことだと言えると思います。

 

そこで、しまい込んだ靴、バッグはどれだけ湿気対策をして保管をしていても

長期間放置しておくと湿気取り剤も限界がありますから、

カビる可能性が高くなることはよくわかると思います。

 

なので、題名の通り、靴、バッグはしまわない方がかえってカビの対策になると言えます。

f:id:shoesTandK:20220213003520j:plain

おそらく、あくまで想像でしかないですが、箱にしまっておくよりこっちの方が

カビ対策としては有効なのではないかと思います。

 

バッグでも、ハイブランドのものが内張がカビで劣化してボロボロになっているものが多く送られてきます。

非常にもったいないです。

 

カビが生えると劣化が非常に早く進みます。

 

どれだけ対策してもカビる時はカビます。

とにかく通気の良いところにおいておくことをお勧めします。

 

日本では靴はしまわず、少なくとも月に1度は履くようにすればある程度劣化のスピードは抑えられます。

冬用の靴だからと言って暖かい時期には押し入れにしまっておくと、

劣化して履ける状態ではなくなってしまいますので、

気をつけましょう。

 

 

靴は履いてなんぼです。