靴ブログ クリーニングT&Kです。

全て手作業にこだわり靴をクリーニングしております。靴クリーニングを文化にしたいっ!コメントいただけたら喜びます。

【276】最近のキャンセル例

こんにちは。

twitter.com

 

 

ブランドや靴種問わず、一応クリーニング出来ないものはないんですが、

クリーニングしてしまうと破損してしまう可能性のあるものはキャンセルとしてクリーニングをお断りさせて頂いております。

それでもいいからとりあえず洗ってくれと言われればお客様ご了承の上でクリーニングさせていただいております。

 

でも破損の恐れのある靴はクリーニングしても履いてすぐダメになってしまう事もあるのであまりおすすめはしません。

 

今回は最近のご依頼品で泣く泣くキャンセルとなった靴のどういった状態でキャンセルに至ったかを紹介したいと思います。

 

まずこちらは足の屈曲する部分が割れてしまっているものです。

歩くには足を曲げる必要がある為、靴もそれに合わせて曲がります。その曲がる部分というのはどうしても傷みやすくなります。

今回はエナメル素材ということもあり、割れてしまっていました。

 

こちらはスエード調の合皮が劣化しており、粉を吹いている状態でした。

合皮の粉吹きはクリーニングしても取り切れません。

合皮がすべてなくなるまで粉吹き続けるからです。

 

こちらは2点ともソールの破損です。こちらも足の曲がるのに合わせてダメージがたまりやすい部分です。
靴裏はなかなか自分では見ないので気づかずに履き続けていることもよくあります。

 

一例ですがいくつかキャンセル例の紹介でしたー