靴クリーニング T&Kの日記

全て手作業にこだわり靴をクリーニングしております。靴クリーニングを文化にしたいっ!コメントいただけたら喜びます。

【266】柔らかい靴は気をつけて

こんにちは。

twitter.com

 

 

いつも外出するときは下を見ながら歩いているんですが、

あ。決して落ち込んでいるわけではなく、前を歩く人が外反足ではないかをチェックしてしまいます。

 

外反足とは、

元々扁平足の人がなるもので、画像のようにカカトの骨が通常より内側に倒れてしまっている状態です。

まだ骨の発達しきっていない子供に多く見られる現象ですが、大人にも多く見られます。

 

正常な足の形はアーチを描くように骨が組み立てられ、土踏まずがある状態ですが、

扁平足はそのアーチが潰れてしまっている状態で、歩く時の足への衝撃をうまく逃すことができずにタコができたり外反母趾になってしまいます。

 

自分で簡単にチェックする方法の一つとして、普段履いてる靴の底を見るというものがあります。

このように靴を後ろから見たときに靴の内側が減っている場合は外反足になっている可能性が高いです。

 

では、このような状態になってしまっていた時はどうしたらいいか?

カカトの硬い靴を履きましょう。

 

外反足の原因の一つに柔すぎる靴があります。

カカトまで柔らかい靴だと、歩くごとに足の着地がブレて足のアーチが崩れてしまいます。

 

そこをしっかりとカカトをサポートできる靴を履くことで足のブレを抑えることができ、

そこから改善できます。

 

扁平足の原因は一つではないのでカカトをしっかり支えても改善できないこともありますが、

今回紹介したのは簡単な方法なので試してみてください。